ドイツの顔料


via IFTTT

譲り受けたドイツの顔料。 流暢な筆跡を見ながら、何十年も前にドイツに旅行して、日本で見かけなかったブロンズ色の顔料に興奮し、貪るように買い求めただろう絵描きの方を思う。

このブログの人気の投稿

こじまゆういち展

Hic et Nunc

フィレンツェの窓・京都